給食タイトル
 

大切にしていること

 保育園では「育てよう 楽しく食べる こどもたち」をスローガンに食育に取り組んでいます。食べることは生きることの源で、心と体の発達と密に関わっています。
 五感をつかった豊かな食体験を毎日繰り返していくことで、正しい食事の摂り方や望ましい食習慣が定着します。乳幼児期から発達に合った援助や声かけを受けていくことで、育っていく子どもの姿として以下の5つを当園の食育基本目標に掲げています。

 ①お腹のすくリズムのもてる子ども
 ②食べたいもの、好きなものが増える子ども
 ③一緒に食べたい人がいる子ども
 ④食事づくり、準備にかかわる子ども
 ⑤食べ物を話題にする子ども


食べることは「生きることの源」で、心と身体の発達に密接な関わりがあります。
五感をつかった豊かな食体験を積み重ねていくこと、正しい食事のとり方や望ましい食習慣を定着させていくこと、身近な大人からの援助を受けながら他の子どもとの関わりを通して楽しく食べる体験や食への感謝の気持ちをもつことなど、乳幼児から発達段階に応じて育てていくことが重要です。
保育士、看護師、栄養士、調理師などの全職員が専門性を活かしながら、保護者の皆さまの協力のもと共に食育を進めていきたいと考えています。
 

保育園での食育の役割とは

 乳幼児期は子どもが「食べもの」に出会うスタートラインです。
 その大切な時期だからこそ、生きていくために大切にしたいことを伝えていくとともに、食べ物を大切にする心を育て、食べる喜び、そして食事が「おいしく 楽しい」ものであると思える経験をたくさん積んでいってほしいと考えています。
食育とは、何か難しいことをやらなくてはいけないのではなく、一緒に食べておいしいねと微笑みあうことでもあります。
 子どもたちの笑顔がたくさん見られるよう、保護者や地域の皆さまととも協力していきたいと思います。